ブログ

お酒を飲むとニキビが悪化する?知っておきたい美肌とお酒の知識

目黒線品川区西小山、武蔵小山のフェイシャルサロンPlume八木です。

お酒は好きですか?

普段飲まないけれど、仕事の付き合いでは飲んだり、冬は飲まないけれども夏のビールは好きだったり、年末は忘年会シーズンでお酒を飲む機会が増えたりしませんか?

フェイシャルエステに定期的に通っていて、スキンケアもバッチリ。

お酒との付き合い方も見直すとさらに美肌をキープできますよ。

ノーファンデ美肌になりたいけれどお酒が大好きというあなたは、下記を参考にしてみてくださいね。

 

お酒が与えるお肌への影響

・ビール、日本酒、ワインなどは糖質がたっぷり含まれています。また唐揚げなどのおつまみも脂質がたっぷり。

それらがニキビの悪化の原因にもなります。

・アルコールを分解するときに肌の修復に欠かせないビタミンB群を消費します。そのため、肌あれやニキビなどは後回しになり、ますますお肌に悪影響を与えてしまいます。

・お酒を飲むと血管が拡張され、血行促進されます。そのため、ニキビにかゆみが出たり、炎症する原因にもなります。

お酒とうまく付き合うには?

・1、2杯で出来れば、ストップしましょう!

・焼酎、ジン、ラム、ウイスキーなど糖質の少ないお酒を選びましょう!

・お酒の食事、おつまみは、揚げ物や甘い物、炭水化物などをなるべく控えましょう!

・お酒と一緒に水も多く摂取しましょう!

・マグロ、納豆、卵、レバーなどのビタミンB群、アセロラ、ピーマン、ブロッコリーなどのビタミンCを積極的に摂りましょう!

 

最後にお酒を飲んだ後は、夜遅くなり、クレンジングが甘くなり、メイクを落とすことを忘れたりしませんか?

また夜遅くなり睡眠時間が短くなったりしがちです。

この2つがとても重要ですので、気をつけてくださいね。

1、クレンジングはしっかりと。(シートタイプのクレンジングシートはお肌を傷めますので、しっかり水で流しましょう)

2、睡眠時間はしっかり確保する。

 

どうしても飲み会や忘年会などのお酒の機会が多い場合は、普段の食生活を胃腸に負担の少ないものにし、

十分な休息をとってみてくださいね。

上記を上手に取り入れ、楽しくお酒は飲みましょうね!

ニキビができちゃった!という場合も心配ありません。

早めにフェイシャルエステをすることで悪化すること、酷くなることは防げますので、ご安心くださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダイヤモンドピールでノーファンデ肌に!

ノーファンデ美肌を作りたい方はこちらです。

東急目黒線 西小山・武蔵小山 ノーファンデーション美肌作り プライベートフェイシャルサロン Plumeプリュム
090−1439−8745 ご予約はこちら ドクターリセラ化粧品取扱サロン
品川区、目黒区、新宿区、世田谷区などの東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、大阪、仙台、長崎からも

ご利用いただいております。

ページ上部へ戻る